魚眼レンズ使用したカメラ・ワイミーとの幸せな空間


by lensy

タグ:インテリジェント監視 ( 1 ) タグの人気記事

よくニュースなどで,何億円投資して監視カメラを何百台設置して,
それを一箇所で24時間体制で集中監視をしています,と言うような
ことを聞いたり見たりする.

そんな何台ものカメラを24時間誰がどのように見てるのだろうか?
人件費だけでも相当掛かるのでは?

普通はモニターに複数台(4台~16台くらい?)のカメラの映像を
出し,怪しいところは拡大して見たりと言うことになる.
とても全カメラを凝視し続けることは難しい.
結局現在では,見逃しも相当数あるだろうし,実際の効果としては,
何か事件が起きた時に過去の1週間程度の記録映像を基にその
事件の解明をすると言うことが大きいのだろうと思われる.

今後は間違いなく魚眼カメラのように広い視野を持ったカメラと
その映像からリアルタイムで動き検出等の,自動検出機能を
装備したシステムが相当数使われるようになると思われる.

現在,既にワイミーとiCamの動き検出機能を使用することにより
これと同じことは十分可能である.
例えば留守宅にワイミーを設置しておき,何か動きがあったら
iPhoneやAndroidにアラーム音で知らせてくれるとともに
ライブ映像も見ることが可能である.

今後はさらに,動き検出の機能の向上(例えば,部分的なマスクが
出来るとか)や,さらなる新しい検出機能(加速度検出等)を搭載した
汎用アプリの出現を期待したい.
[PR]
by lensy | 2011-02-18 16:12 | ワイミー